« チートイから対々和へ -その1- (痛恨度★★) | トップページ | チートイから対々和へ -その3-(そしてチートイへ 会心度★) »

2007年5月26日 (土)

チートイから対々和へ -その2-(会心度★★★)

今回は、前回の記事の教訓を生かすことが出来たもの。チートイから対々和への移行です。でも、ギリでした。よって会心度★★★

***

2007.05.21 第1東風荘にて 

※前の記事(「チートイから対々和へ -その1-」)の翌日の試合です。

※数年前のIDを使用。冗談のようなRateなので伏せておきます。

【東3局0本場】 北家 ドラN8p_2

<配牌>

Ws001_17   

こういう配牌を見たとき、自分はほとんど「チートイ」に決め打ちです。平和にはならない、タンヤオも無理。よって、マンズの伸びに期待すると同時に、ドラN8p_2引きにも備え、ぎりぎりまでマンズは鳴かないようにします。

Ws002_25

最初のツモがNpei_1

先述の通り、チートイ狙いなので、マンズ以外の浮いているタンヤオ牌から切っていきます。

Ws003_26

N6s_2としました。次巡、

Ws004_22

Nhaku_1をツモって打N3s_5

これで、自分の捨て牌がN6s_2N3s_5と並び、これだけで他家からは「マンズがピンズの一色、あるいはトイツ系の手をやっているな…」という判断をされるかと。もちろん、チャンタや国士の可能性もありますが…。

その後、N1s_5Npei_1も重なり、チートイのイーシャンテンに。

そして次が第1の分岐点でした。

Ws005085 

何を切りますか?

*

*

*

*

自分は、

Ws006_21

N7w_1です。

普段の自分なら、ここはN1w_6ツモ切りなのですが、珍しく「対々和・三暗刻」も視野に入れ、打N7w_1としました。まあ、N7w_1だって重ねればチートイのテンパイに取れるので、惜しいと言えば惜しいのですが…。

そして、次巡、すぐに第2の分岐点が訪れました。

Ws007_14

Nhaku_1をツモ。どうしますか? チートイのテンパイですが…。

ドラはもう既に場に2枚見えていて、ドラを引き込んでのドラ単騎はほぼ無理だし…。そもそも、この捨て牌でN2s_3待ちとは、誰も想像できない“良い待ち”かとも思いますが?

*

*

*

*

*

自分は、危うくここで「N1w_6切りリーチ!」寸前まで行きかけましたが、ギリで思いとどまりました。打N2s_3です。まさにギリでした。

Ws008_15

危ない、危ない…。そう言えばNpei_1Nhaku_1も役牌でした。しかも両方ともまだ生きてるし…。何もチートイのみでリーチする必要はありません。

更に、

N5p_4を落として行けば、「混老頭・対々和」にもなりますね…。こんなことさえ見落とすところでした。(実話)

しかも、この段階になって初めて、他のトイツの残り枚数を確認する自分…。

その後、Npei_1Nhaku_1を、ともに対面からポンしてテンパイ。(下図)

Ws009_15   

N9w_2N1s_5のバッタ。

で、すぐにN9w_2での和了となりました。

ちなみに、どこから出たかというと…(下図参照)

Ws010_13

ポン・ポン鳴かせた人間から出てしまう…。ただ、対面は六萬ツモでの九萬打ちなので、仕方ないと言えば、仕方ないかと…。

まだ、すんなりと対々和に移行できないというのが顕著に現れた例でした。そのため、かえって会心度が高くなり★★★となります。この手順を自然に踏めるようになると、だんだんと会心度が減ってきて、当然の手順になる頃には会心度は0になります。逆に寂しいかもしれませんが。

※欲を言えば、“第1の分岐点”直前のN9w_2から鳴けていたら、もっと良かったかと。

***

<教訓>

チートイ狙いでも、あぐらをかいてノンビリ構えるな。トイツの残り牌が生きてるかどうか常に目を配り、対々和に移行できるかどうか確認しておくこと。(重要

|

« チートイから対々和へ -その1- (痛恨度★★) | トップページ | チートイから対々和へ -その3-(そしてチートイへ 会心度★) »

会心の手順」カテゴリの記事

コメント

これもチートイテンパイからのトイトイですか。
即リーのが普通に良くないですか?
9mも1sも一枚切れてますし。

僕の中では、
役牌トイツがあるチートイイーシャンテンなら、トイトイ移行のが有利です。(なので9mはポン)
役牌トイツがあるチートイリャンシャンテンならトイトイもしくは役牌のみが有利です。
でもチートイテンパイならチートイのが圧倒的有利です・・・。
だってコーツゼロまたは一つを四つにしなきゃいけませんもんね。
点数が5倍も違ったとしてもチートイの速さを取ります。

投稿: 六分儀 | 2007年5月26日 (土) 01時42分

コメントありがとうございます。

チートイか対々和かでは、ドラの存在も影響するかもしれないですね。チートイ・ドラドラか、対々和・ドラドラか。

あと、確か以前、白発中2枚ずつ使ったチートイのみをリーチしてしまったことがあり、そのあと普通に打っていれば大三元を和了できていたなんてことも…。大いに考えさせられたものです。

ただ、記事にも書きましたが、自分の場合、チートイに決め打つと、テコでも動かないのが習慣になってしまっているので、今後は、意図的に動くようにしています。

投稿: 管理人 | 2007年5月26日 (土) 22時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« チートイから対々和へ -その1- (痛恨度★★) | トップページ | チートイから対々和へ -その3-(そしてチートイへ 会心度★) »